ヘルスケア 原発

微生物は放射能を消す?EM菌は凄い

 

2011年3月11日に襲った、東日本大震災・・・・

 

忘れもしない出来事ですが、

最近はマスコミが福島の原発のことも小出し小出しで国民に非難されないように現実の被害状況を薄っすらと知らせていますが、

もう自分の身は自分で守るしかないと思う。

3月15日福島原発が水素爆発して大騒ぎになった放射能問題ですが、

これは大変なことになった!動かなきゃ!と家族を守るために逃げた人と、

なにも気づかずに今まで通りそこに居た人。

ここから2極化が始まった気がします。

何も動かない人はその後の対策など色々調べていてそこに居るならいいんですが、

対策なしはどうかと思います。

今回は放射能の結合方法のおはなしです。

放射能は消せるのです

 

人工の放射能・・・

この放射能汚染は

この先、何万年と今後の子孫を苦しめるほどの人間が作り出した危険な人工エネルギーだと私は思っています。

大変なものを私たちは作ってしまった。

 

しかし、放射能は消せる・・・という事を知ったのです。

何で消せるのか?

 

それは、微生物で消せるのです。

EM菌がすごいのです

なにやら微生物が放射能を消してくれるという話を知りました。

その名がEM菌というらしいのです。

EM菌とは一体なんなのか?

これは要するに有効な微生物群ということなんです。

そしてその中身は

一つは、酵母菌

二つ目が、乳酸菌

三つめが、光合成細菌

ここで一番重要なのが、光合成細菌です。

これは約20億年前に地球に最初に現れたバクテリアと言われてますが、そのころは地球上に酸素がなかった、そして200度とか300度のとんでもない温度だったんです。

酸素はないし、温度は高い・・よ~くこんなところで微生物が生きてきたって、そしてこれらは何をエネルギーに生きてきたのかというと、この原子のバクテリアは宇宙線、すなわち、放射線をエネルギーとして生きてきたのです。

だから、なんと・・・

放射性物質が彼らのご馳走なんですね。

 

そして彼らがいまだに、光合成細菌として地面の奥の中に生きているんです。

そして、光合成細菌と乳酸菌と酵母菌、そういうものを組み合わせて40種類50種類の有用なバクテリアを組み合わせたものがEM菌です。

 

有名な沖縄なんですが琉球大学の比嘉先生なんですが、これを組み合わせれば農業も何も、地球が蘇生するって言ったのですが、

それでこの比嘉先生は

『農業のコストは100分の一で済む

農地を地面を微生物で蘇らせれば農薬も化学肥料もいらない化学機械もいらないです。』

と伝えたのです

その直後はまあ大変なバッシングの嵐が来たようですが・・

東京大学は記者会見まで開いて比嘉はニセモノだ!インチキだ!EMなんてでたらめな詐欺だと徹底的にバッシングされたらしいのです。

しかし、

世界的にはEM菌はあちこちで使われています。

日本だけです。

でも比嘉先生はあきらめない。農業革命すべて。

すごいものほどバッシングされてしまう

世の中ですからね・・・・

福島県飯舘村で実験してみる

このEM菌は光合成細菌がすごいパワーなんですが、

乳酸菌も放射能を除去する力があります。

そして、あの福島県飯館村でEM菌を処理した汚染農地で測定したら、

初期の汚染は2万ベクレルだったんです。

それがセシウム137が一ヵ月で40%まで減ったのです。

そして二か月で75%減った。

なんと二か月で2万ベクレルが5千ベクレルに激減したのです。

そしてこれを続けたところ、最後には0になったと・・

す、すごい。

これは本当に微生物こそが放射能を除去することが確実に証明されたという事。

空からEM菌を薄めて撒けばいいのです。

そうすれば、除染費用が100分の1になるのです、

そうすれば福島の人たちは福島に帰れるようになる。

 

でも、これをなんでやらないか?

このことをマスメディアは一切語りません。

まぁ、都合が悪いのでしょう。

作物が浄化される

EM農法の農地では高濃度の2000~6000ベクレル土壌がセシウム汚染されてもEMを処理すると作物、

小松菜、ほうれん草、キュウリ、コメなどのセシウム残留が0になるのです。

作物も完璧に除染されるということです。

そしてそして、さらに凄いのが、内部被爆が0になるということです。

ベラルーシから招待した子供7人内部被爆平均89ベクレルはEM飲料Xを50㎖を40日間飲ましただけで、全員体内セシウム137を完璧に正常値の0にしたのです。

EM菌おそるべし・・・

40日間で89ベクレルを0にして消した。

なんでこんなことができるのかというのは、それは光合成細菌バクテリアの微生物の脅威の力ですね。

 

この微生物が放射能を食べてそのセシウム137を体内でなんとバリウムに元素転換したのです。

凄いですね、微生物様様です。

お子さんがもし内部被爆してるかもしれないと心配な親御さんはこのEM飲料Xを

40日間飲ませてみるといいかもしれません。

【EM研究機構HP】

https://www.emro.co.jp/

 

【EM-X発酵飲料】

https://www.em-seikatsu.co.jp/products/detail/?id=29

ここが味噌

チェルノブイリの原発事故の時に、日本の味噌を送ってくれって流れたんですよ。

でもこれをまた迷信だと嘲笑っている人たちがいたのですが、

実はこの味噌は本当に放射能を減らすのを知りました

これは広島大学の徹底したデータで味噌を与えるとネズミの放射線吸収が3分の一ぐらいに激減したんですね。

それはなぜなのか・・

それは味噌の中に酵母と乳酸菌がいるでしょ、やはり微生物が働くのです。

だから味噌は確実に放射能を減らします。

だから子供の被ばくが心配ならば毎日味噌汁を飲ましてあげてください。

それだけでも激減するのです。

日本食って本当に凄いとしか言いようがありません。

発酵食品がたくさんありますもんね。

まとめ

放射能除去には意外と近いもので解決されるという事がわかった。

日本食はそれにかなり適していますね。

いいものこそ叩かれるのが常です。

でも本物は強い。

微生物を取り入れて波動を上げてラクぅ~にいきましょう

ありがとうございました。

-ヘルスケア, 原発

© 2020 山野麻沙子のブログ