スピリチュアル

パラレルワールドは実在する・・もうそろそろ本当に実在するのが解明されるかもしれない

今回はパラレルワールドについてお話したいと思います。

映画や小説の世界によく登場する「パラレルワールド」ですが

これが現実のこの世界に存在するとしたらどうしますか?

実は現在、多くの科学者たちが「パラレルワールドは存在するかもしれないと・・」とその解明に力を注いでいるんです。

物語の中だけの話だと思っていたパラレルワールドが実在するかもしれないなんて、

ちょっとわくわくしませんか?

そこで今回は

パラレルワールドの詳細や、パラレルワールドが実在する証拠などをご紹介します。

そもそもパラレルワールドって?

パラレルワールド=現実の世界のある地点から分岐した、理論上あるとされているもう一つの世界のこと。

 

パラレルワールドは、宇宙はたくさん存在する・・という、マルチバース理論とよくセットで語られます。

これは「複数の宇宙」を意味する造語なんです。

「宇宙は私たちのいる宇宙以外にも複数存在するといった、新しい宇宙像のことを言います。

このマルチバース自体も、さらにいくつかの説に分かれています。

そのうちもっともパラレルワールドに関係するのが、「多世界解釈」というもの。

これは量子力学の観測についての解釈のひとつです。

量子力学において粒子の状態は、波動関数というものを使った値で示されます。

その値は「確率的にはこんな感じ・・?」という曖昧なモノなんですが。

 

それにもかかわらず、実際に観測するとなぜか単一の値が観測されるのです。

そのため整合性のある理論が必要となりました。

その一つがコペンハーゲン解釈で、粒子は重なり合った状態であるとされています。

もう一つのエヴェレット解釈では、その確率分布に沿って、観測者が多世界に分かれているとしています。

このエヴェレット解釈から

 

「パラレルワールドは存在するかもしれない」という予想に至ったのである。

もっとわかりやすく例にすると・・・

 

会うたびに人格が変わる友達がいたとしましょう。

コペンハーゲン解釈では、

「どの人格も、その友達の持つ性質の一部」と考えます。

一方、

エヴェレット解釈では、

「友人はそれぞれ別の世界にいて、どの世界で会うかによって人格が変わる」と考えます。

専門家の間ではコペンハーゲン解釈を支持する人が多いようですが、まだ

コペンハーゲン解釈が証明されたわけではありませし、エヴェレット解釈を否定するだけの根拠もないのです。

パラレルワールドに行く方法はあるのか?

現在SNSなどで話題となっている方法のひとつに、エレベータを使ったものがあります。

その手順は一人でエレベータに乗り、

4階→2階→6階→10階→5階の順に移動します。

途中で人が乗ってきたらやり直しです。

5階に着いたとき、女性が一人乗ってきます。

女性が乗ったら1階のボタンを押しましょう。

しかしエレベータは1階ではなく10階に移動します。

10階で乗っていた女性が消えたら成功です。

 

簡単にできるので、試してみてください。

ただし、これは、自己責任でお願いいたします。

パラレルワールドが存在する科学的な証拠とは?

現在さまざまな専門家が、パラレルワールドがあると証明する科学的根拠を探しています。

その手掛かりとして「重力」が使えるのでは?と考える専門家もいるのだそうです。

たくさんの宇宙が存在しているとしても、私たちは違った宇宙を見ることができません、

それは、なぜか?

光が届かないためです。

光は四次元空間までしか届きません。

別の宇宙が存在していたとしても、それはもっと別の次元だと考えられています。

そのため光では、その存在を照らし出すことはできないと考えられるんだとか。

でも、重力は、さまざまな次元に移動できるとされています。

この性質を使えば、別の宇宙から漏れ出す重力を観測することで、その存在を示すことができるかもしれない・・・というのです。

 

現在の化学では、重力を精密に測定することは難しいと言われています。

でも、それが可能になれば、並行宇宙の存在を示すことができ、もしかしたら、

パラレルワールドの存在も示すことができるのかも?と期待がよせられているのです。

まとめ

パラレルワールド・・・

本当にこんなのは映画の中の話だと思っていましたが、現実にこの世界に本当に存在するかもしれない・・・

という事は、違う自分の世界も他にたくさんあって、どれを選択するかは自分次第なのかもしれない・・

だって、宇宙は私たち自身なのだから・・・

パラレルワールドを信じて、ラクぅ~にいきましょう

ありがとうございました。

 

-スピリチュアル

© 2020 山野麻沙子のブログ