ヘルスケア

瞑想はいいことだらけでやらない方が損?発達障害改善にも効果があることがわかっている

皆さんは瞑想と聞くとどんなイメージがありますか?

一般的には、ヨガや禅、そして修業のようなそんなスピリチュアル的なイメージがあるかもしれません。

ですが、実際は脳科学でこの瞑想のメリットを紐解いていくといろんなことがわかったのです。

瞑想はメリットだらけなんです

この瞑想・・・

やらない方がなんで??ってくらいに体に良いことだらけなんです。

この瞑想は精神的にも肉体的にも両方良いこともあり、

最近はスポーツ選手や、筋肉トレーニングする人も瞑想を取り入れているんだとか。

筋肉量を増やしたい人はこの瞑想が向いています。

瞑想をすると頭がスッキリとして、脳の血流が良くなり記憶力の改善に繋がります。

そしてこの呼吸をすることでの血流と体温のコントロールができるようになります。

意識して足の方に念じていますと、しばらくすると足の方がポカポカと温かくなってくるんですね。

 

疲れている時や眠たい時にも5分瞑想をするだけでも効果はありますし、

逆になんだか体調が優れない時や体に痛みがある時などにも

ゆっくりと横になって瞑想してみると不思議と痛みなどが緩和されていきます。

瞑想は発達障害の改善にも効果がある

この瞑想が発達障害の改善にも非常に効果があると言われています。

脳科学で説明すると

人が恐怖やストレスに晒されると真ん中にある旧皮質のところで感じています。

この旧皮質は例えば哺乳類脳とか爬虫類脳のことをいいます。

そしてその旧皮質を取り巻く大脳新皮質がありますね。

ここは新哺乳類型の人間脳なんですが、

この旧皮質と大脳新皮質とのバランスによって人は活動するのですが、

このバランスが崩れると旧皮質が優位になったりするんですね。

この旧皮質が優位になってしまうのかというと、猫やネズミや猿などの動物脳が優位になってしまうんですね。

つまり人間的ではなくなってしまうということなんです。

これは非常に癇癪が強くなったり、感情のコントロールが難しくなったり、不安を感じやすくなったり、行動ができなくなったり、先を予測して自分の計画や行動の計画などを練れないなどに繋がっていくんですね。

瞑想によって何が起きるのか?

瞑想することで興味深いことがわかっています。

瞑想することで、過活動なこの状態、例えば怒りとかが

過活動状態であればストレス物質がすごく充満しているわけですが、

そこでこの瞑想をすることによってその活動がかなり落ち着くことがわかっています。

 

そして旧皮質の活動が下がりますがその代わりに前頭前野が活性化されるんですね。

前頭前野というところは

前頭前野はヒトをヒトたらしめ,思考や創造性を担う脳の最高中枢であると考えられている。前頭前野系統発生的にヒトで最もよく発達した脳部位であるとともに,個体発生的には最も遅く成熟する脳部位である。

つまり瞑想することによって逆転するんですね。

このことで、例えば発達障害であったり、うつ病だったりする場合このストレスを感じるエリアが大きくなっているんですが、それが瞑想することによって逆転し、今度は前頭前野の方が活性化されて、旧皮質の活動が低くなることがわかっています。

そしてさらに瞑想を続けるともっと良いことがあるんです。

それはなにか?

前頭前野に良い働きがある

この瞑想を継続することで、前頭前野の神経が発達することがわかっているんです。

そして発達して信号のやりとりが非常にスムーズに速くなります。

発達障害児だったりすると、その前頭前野の信号のやりとりが非常に遅かったり、途切れ途切れだったりするのですが、瞑想をすることによってしっかりと繋がり、しっかりと修復されるそれによって発達障害的な傾向、多動性、衝動性の高さ、不注意傾向などが大分改善することがわかっています。

こんな話があります、

授業が始まる5分から10分前にクラス全体で瞑想をすると、ADHDの子でさえクラス全体を見て、その子も含めて非常に落ち着いて授業ができるという事もわかっています。

本当に瞑想は良いことだらけですよね。

瞑想により授業がはかどり、脳はその活性化が逆転しストレスが減ってより人間らしい行動を取るための脳の機能が高まり活動的になる

その他に前頭前野の神経が発達するという事がわかっています。

それと、

海馬なんですがここは記憶に関係がある場所なんですがそこが活性化するどころかなんと、新しい神経が生まれるという事がわかっています。

素晴らしいですよね!瞑想で新しい神経が生まれるんですよ!

でもこれは使わなかったら大体40日くらいで消滅してしまいますので、せっかく作ったんですからきちんと継続して使いたいですよね。ワーキングメモリを鍛えて瞑想と運動とピアノなどを弾いたりして定着させていかないともったいないですね。

大人も一緒です、おばあちゃんでも一緒です、発達障害児でも一緒です。

なので本当に瞑想は誰にでもすぐにできるのでおすすめです。

では

マインドフルネスでラクぅ~にいきましょう。

ありがとうございました

-ヘルスケア

© 2020 山野麻沙子のブログ