不思議な力

脳で会話する時代がくる?

未来は言葉がなくても人と人が話ができる。

え?テレパシー?

これって凄くないですか?

こんなSFの世界の話が現実になろうとしています。

それも、脳と脳が会話する時代がもう近い未来に来ているのです。

今回はこの脳との会話の研究で成功したお話をお伝えしたいと思います。

SFの世界は現実に・・

アメリカの研究で三人の脳を接続し、思考を共有させることに成功したと発表された。

思っていることを口に出さずとも、文字に書かずとも、頭で考えるだけで他の人に伝える事ができる。

それはSF世界によく出てくる、一部の能力者にのみ与えられたtelepathyのようなものだが、REAL世界の人間の技術も、徐々にその域に近づきつつあるようだ。

神経科学者のチームが人間3人の脳をつなぎ合わせ、思考を共有することに成功したという。

脳と脳をつなぐブレインネット

アメリカ・ワシントン大学とカーネギーメロン大学の研究チームが開発したのは、脳波測定(EEG)と経頭蓋磁気刺激法(TMS)を応用した脳と脳をつなぐインターフェイスである。

EEGで送信者の脳波を読み取り、そのデータに基づきTMSで受信者の神経細胞を磁気刺激。

これによって眼閃(目を閉じていても光を感じられる現象)を引き起こし、送り主からの情報を認識させることができる。

このシステムはブレインネット(BrainNet)と呼ばれている。

研究者によると、これは、世界初の多人数参加可能な非侵襲型(手術などで脳を傷つけない)の

脳と脳をつなぐインターフェースで、将来的にはさまざまな人をつなぎ合わせて使えるようになるという。

もしかしたらネット経由で

コミュニケーションすら実現するかもしれない。

ゲームを使った意思の疎通に成功

今回の実験では、2人の送信者にEEGの電極を取り付け、ブロックが画面上から落ちてくる「テトリス」のようなゲームをプレイしてもらった。

送信者はブロックを「回転させる」か「回転させない」か決定し、それを画面下が見えていない受信者に伝えなければならない。

そのために、画面の両端にはそれぞれ15Hzと17Hzで点滅するLEDのライトが取り付けられていた。

それを見つめると周波数に応じた脳波が生じ、それがEEGで検出される。

そこで、17Hzを「回転させる」、15Hzを「回転させない」と決めて、その時々の判断に応じてどちらかのライトをじっと見る。

するとEEGで検出された脳波が、TMSを介して受信者の神経細胞を磁気刺激し、眼閃を生じさせる。

これによって受信者はブロックをどのように操作するべきか知ることができるという仕組みだ。

31組の5つのグループで実験したところ、受信者は81.25%の精度で送信者の指示を受け取れた。

最初の試みとしては、十分な数字だろう。

実験では、ゲームをさらに複雑にするために、受信者の操作が正しかったかどうかを送信者が伝えられるようにもしてみた。

こうすることで、受信者はどちらの送信者がより信頼できるのかを判断することができる。

開発が進めば未来のコミュニケーションのあり方を変える可能性も

現実の世界では、人間の判断の不確かさが問題となることもしばしばである。

そのため、このような方法は、より現実的な状況に適したシステム開発につながるのだという。

現時点では、点滅するだけのデータ(つまり1ビットのデータ)しか送ることができないうえに、非常に遅く、信頼性も完全ではない。

しかし、思考が人と人との間で、伝達される未来のコミュニケーションを垣間みせてくれるような結果だ。

そう、telepathyを使った会話である。

ひょっとしたら大勢の人の知恵を合わせて、一つの大きな問題を解決するといった使い方もされるかもしれない。

まとめ

もう最近の脳科学研究はREALなSF世界を発見しています。

近未来はtelepathyで会話なんてのもワクワクしますが、もう嘘は付けない世界なんでしょうね。笑

脳の進化を期待してラクぅ~にいきましょう~

ありがとうございました。

-不思議な力

© 2020 山野麻沙子のブログ