スピリチュアル

5次元の世界と意識の変化 分離から統合へ

今回は、なにかと気になる次元のお話をしたいと思います。

 

次元が変わると様々な意識と体の変化があると言われています。

なんとなく前とはなにか違う・・・

意識の変化に自分でも気づいている人もいるんではないでしょうか?

もしかしたら

それはアセンション症状かもしれません・・・

以下に詳しくどのような変化が起こるか書いてありました。

 

引用:スピリチュアルメディアより

 

地球は約1万3千年という壮大なスケールで、統合と分離のサイクルを繰り返しています。

長く続いた分離の時代は、再び統合のエネルギーへと向かう時代へと切り替わりました。

5次元への次元上昇は、この統合のプロセスにおいて重要な一つの到着点です。

3次元は肉体や物質にフォーカスした世界で、エゴの見せるリアリティがもっとも強まる領域でした。

しかし、4次元、5次元と上昇するにつれて、エゴを越えた意識に入っていきます。

私たちは現在3次元的な現実を生きていると思うかもしれませんが、実はすでに4次元のリアリティの中にいると考えられています。

次元上昇は一つの次元が終わって、突然新しい次元がやってくるようにイメージされるかも知れません。

ところが実際は虹のグラデーションのように、二つの領域は重なり合う地点があります。

現在のような移行期には、古い意識と新たな意識が混在しているので、霊的に目覚め始めていてもなお、エゴに縛られた葛藤の多い現実に直面することがあります。

スピリチュアルな成長を望み、愛と調和を生きたいけれども、ニュースでは相変わらず、戦争、テロ、貧困などの深刻な問題を目にするのが私たちの世界です。

先に目覚めた魂から、自分の身のまわりに愛と調和を発信していくことが望まれています。

4次元の意識は、霊的に目覚めて自分という軸で人生を創造していく状態にあります。

現実とは、自分の発するエネルギーが作っているのだとわかるようになります。

5次元とは個としての物質的現実の最終段階のことです。

5次元を超えると、個別の意識ではなくなり集合意識の領域へと入っていきます。

5次元は「悟り」と言われる境地に相当するでしょう。

5次元では肉体・物質としての意識がずっと薄くなり、個でありながら同時に宇宙意識を感じられる状態です。

ワンネスの状態です。

「今ここ」にすべてがある

5次元とは悟りの意識と述べましたが、5次元のリアリティは「今ここ」にすべてが存在しているという実感です。

過去にとらわれず、未来を思い悩まず、純粋な今の体験にフォーカスすることができます。

5次元になると、直線的な思考で時間や空間を捉えなくなります。

今ここにいるという実感が強まれば強まるほど、これまでのような時空間の概念は必要なくなるのです。

5次元ではあなたはあなたでありながら、同時にすべてです。

あなたの体験している一瞬の中にすべてがあるのです。

時空間の概念が必要ではない世界では、具体的に何が起こるのでしょうか。

3次元的な直線的思考では、物事が成し遂げられるためには段階を踏まなければなりませんでした。

私たちは目的を達するために細々としたことに配慮し、それなりの時間的・空間的手続きを経る必要があります。

しかし、5次元とは思考がすばやく現実を創っていく世界です。

経験のために必要と思われていた時間や空間は、もっとずっと少なくて済むようになるでしょう。

思念が現実を創っているという感覚がハッキリしてきて、シンクロなどの現象も多く起こってきます。

次元が上昇することによって、多次元からやってくるエネルギー周波数をキャッチできるようになります。

これまで感知することができなかったものを感知することが増えるでしょう。

たとえばこれまで見ることのできなかったような繊細な色や光、聴くことのできなかった高周波の音、スピリットやUFOのようなものを感知するようになります。

未知の存在に怖れの感情を持っている方もいるかもしれません。

しかし、存在がわかるようになってくると闇雲に怖れることもなくなります。

この変化は既に起っています。

体感されてる方もいらっしゃることでしょう。

5次元への移行に伴って、エネルギー的な負荷がかかるため一時的に様々な不調を感じることもあります。

このような症状の数々を「アセンション症状」と呼んだりします。

具体的には食の好みが変わってくる、今まで平気だったものに急にアレルギーを起こして受け付けなくなるといったことが起こります。

波動の粗い肉食をやめて、野菜中心の食生活に変わっていく人もいます。

アルコールやカフェインを自然に口にしなくなる場合もあります。

極度の疲労感が襲ってきたり、眠くて仕方がない時期がやってきたりすることもあるでしょう。

めまい、頭痛、甲高い音の耳鳴りと言った症状に悩まされる人も現れます。

スピリチュアルの概念には、次元のほかに「密度」という表現もあります。

次元と密度では、数字が対応していない部分があるので気をつけましょう。

次元では5次元と呼ばれる領域は密度で表現すると「第4密度」になります。

5次元へ移行することは、第4密度へと移行することであり、チャネラーのリサ・ロイヤルさんによればプレアデスの意識状態になることだそうです。

第4密度において、二極性は癒合しあい相反するもののエネルギーは統合されます。

陰と陽、男性性と女性性、ポジとネガといったコントラストによる対立、葛藤は無効になっていくと考えられます。

次元の話は象徴的でわかりにくいと感じている方もいるでしょう。

しかし、それぞれの次元がどのような世界かを一つ一つ理解することで、考えを整理することができませんか?

一説によれば宇宙の構造は多次元の連続体であり、異なる次元の現実を同時に経験しているのだそうです。

私たちがフォーカスし、現実だと思っている層の向こう側には、別の周波数帯に存在している自分がいるのかも知れません。

並行現実ではすでに5次元領域を体験しているかもしれないのです。

5次元とは決して私たちのいる場所と切り離された別世界ではなく、今この場所と繋がった現実なのです。

アセンションへの道のりは恐れや穢れを解放し、一人一人が愛と調和に生きる道です。

「今ここ」を最大限に喜び、愛と至福を感じてワンネスを目指していきたいですね。

では

どうもありがとうございました。

 

 

 

-スピリチュアル

© 2020 山野麻沙子のブログ