日記

波動を上げる登山旅 【長野県守屋山】

先週末はとても天気が良かったので大自然のパワーを感じたくなり足慣らしに守屋山へ行ってきました。

この守屋山はあの諏訪大社の御神体山です

本宮と前宮のちょうど真上にある山です。

何本かコースはあるんですが

今回は立石口から歩いて行きました。

立石口からのコースは見所満載で結構楽しめるので好きです。

足慣らしのためにのんびり歩き始めます。

登山口から上がり始めてしばらくすると、

こんな分岐点が出てきます。

ここまで20分くらいかな?

右は尾根コース

鬼ヶ城頭岳→百畳岩→守屋山

左は岩見コース

夫婦岩→屏風岩→鬼ヶ城→浅間の滝→守屋山

いろんな岩があって面白い山です。

私はいつも行きは左へ帰りは右回りで戻る感じに歩いています。

この守屋山はゴツゴツのでかい岩が沢山あって見応えあります。

鬼ヶ城でしばし休憩したりして・・

結構この日は暑くて汗が止まりませんでした。

30度くらいあったような・・

先には木花咲耶姫が祀られているのです

岩から水が滲み出て滝のように気持ちいい。

ここでは涼を感じられました。

波動が上がる〜!

しばしこの場でリラックスタイム。5分休憩

木花咲耶姫さんにご挨拶をして・・

また歩きます。

ここまで約一時間くらいでしょうか・・

あっという間でした。

その後はなだらかな登りが続きます。

 

そしてここからがちょっときつくなります。

その名も『息切坂』

看板にはこんな文字が、、

息切れは心臓 肺への最高の良薬です

がんばりましょう

はい!最高の良薬を戴きましょう!笑

 

しかし・・・

山を登っているとなんで山に登るの?ってたまに人に聞かれるんですけど、

何でって?

うーん。

誰かが

“そこに山があるから”

って言ってたけども

私の答えは

「まだ知らない山頂からの景色を見たいから」

そのためには、自分の精神力と体力の挑戦であり頂上までの道のりにグチも言わない。

すごいキツイし、ツライし、足痛いし、泣きたくなる時もあるけどひたすら登る。

でもこれって「自分がやる!」

って決めた事だからできるんですよね、文句なしで。

人って高い所が好きな生き物ですよね。なんとなく・・

あの仙人にでもなったような悟りの感覚を味わいたいのかも知れない・・(私だけかも?)

周りから、なんでそんなキツイことやるの?危ないからやめとけよ!と言われても行くんです。

周りの言葉なんて気にしていません。

これも自分が決めた自分軸で生きるいうことと同じ。

なんとなく、山を登ることと成功を目指した道って似ていると思う。

自分の決めたことは周りになんといわれてもやり抜く。だって人生一度きりですよ!

見たことのない世界を一度この目で見てみたい!っていう欲望は大事だと思う。

そこまで行くのには危険なこともあるし、いろんな失敗もあるかも知れない。でも全て自己責任の世界。

でもなにも挑戦しないで後悔して死ぬよりましだと思う。

あとひと頑張り!

ここからダッシュです。

 

 

ひゃっほーーーー!!!

着きました〜〜。東峰です。

のんびり歩いて2時間しないくらいで山頂へ

雲一つない青空が迎えてくれました!

こちらは八ヶ岳連峰です

諏訪盆地方面、ちょっとだけ見えるのは諏訪湖です。

南アルプスの山々

絶景でした。これだから山登りはやめられない。山頂で飲むコーヒーは最高です。

山頂の奥宮にご挨拶して、

30分程休憩して下山しました。

下りは小走りで40分で車の場所へ・・・

今回も大自然のいいエネルギーをいただきました。

森羅万象に感謝!

どうもありがとうございました

 

-日記

© 2020 山野麻沙子のブログ