温泉

神経痛に効く秘湯No,1奥蓼科の古の霊泉 明治温泉 波動を上げる温泉旅

さて、温泉大好きサンファです。

今回は体の痛みが出たら絶対ここに行くしかない!という秘湯に行ってきました。

ここは以前、私が足を捻挫した時に登山家の仲間から教えてもらった温泉であります。

山好きな人っていい温泉をよく知ってるんですよね~。

実はあまり教えたくないお気に入りの秘湯なんですが、ここを読んでくれてるあなたはきっと何かしらの神経痛や体の痛みがある方なのだろうと思うので内緒で教えますね。

わたしも最近、交通事故で体の四か所が捻挫になりまして、久々に療養の為にこの明治温泉旅館の立ち寄り湯に行ってきました。

梅雨の半ばに少しだけ晴れ間が顔を出してくれて温泉に入る前からちょっと元気をもらえたりしてえたりして太陽パワーもいただけた。

この秘湯、場所は奥蓼科にあります。

奥蓼科温泉郷の看板が目印。

この看板が出迎えてくれます。

県道191号線を上がりしばらくすると明治温泉の看板が出てきます。

細い道を降りていきます。

この明治温泉旅館は創業130年の老舗宿なのであります。この宿の下側には滝が流れております。

マイナスイオンが充満しているので、この場所に来るだけでもエネルギーチャージ出来てしまうのである。

ちなみにこの明治温泉は江戸時代の中頃発見され、近郊の農家の湯治場として親しまれていたらしい。

宿の開業は明治21年とかな〜り老舗ですよね。

そしてこの明治温泉の由来は

「明らかに治る湯」という事から名付けられたんだそうです。

これを見ると、この源泉はここの風呂場より15メートル位離れた滝の上部より太古の時代から自然湧出しているとのこと。毎分約150リットルですと。

そして、そこには明治29年に建てられた温泉の神も祀られておりますって・・・

温泉の神さま・・

こんな素晴らしい秘湯をどうもありがとうございます。感謝。合掌。

さて、早速浴場へ・・

立ち寄り湯の時間はほぼ貸し切り状態になる事が多い。嬉しい〜♪

手前の湯は展望大浴場です。

源泉を濾過した透明な湯で熱めの湯です。やっぱり源泉は肌に沁み入る感じがたまらないです。

向かいにあるこの冷泉の打たせ湯に交互に浸かると湯冷めしにくく身体の芯から温まります。

最初は冷たく感じるけど肩まで入ってしまえば温かく感じます。

そしてこの茶褐色のこの湯は源泉を温めた濾過なしのお風呂になります。

鉄分の匂いがとてもするいいお湯です。効きまっせ~

そんなに熱くないので本当に湯治場のように長湯できるんです。

この湯に浸かりながら寝るのが大好きです。

ゆっくりと痛めた体を癒すことができます。

ここからの渓谷美が最高です!秋は紅葉が真っ赤になります。

そして滝が流れる音を聴きながらぼけ~っとするひとときがたまりません。

体の痛みを明らかに治す湯、明治温泉・・・・

同じ悩みの方にはおススメです。

今度はゆっくり旅館で泊まりたいです。

温泉情報

泉質は鉄炭酸泉で23.7度 ph3.8です

効能は 神経痛、リューマチ、婦人病、冷え性、肩こり

こちらは日帰り入浴は11:00~15:00まで

大人は1.000円 子供は500円です。

不定休 冬季休業日12月~3月は火、水、木

タオルやバスタオルは持参しましょう。

 

では、どうもありがとうございました

-温泉

© 2020 山野麻沙子のブログ