日記

盛り塩を生活に取り入れる

梅雨のせいなのか、最近とても体の調子がよくない感じがしていました。

 

体のあちこちが痛くなるし、偏頭痛も起こる。肩が重い感じもする。

 

人は疲れとか体調が優れない時って波動が下がっている時だと思うので、そういう時は湯舟に塩を入れてゆっくり浸かるようにしている。

精神的な厄払いとお清めみたいなものですね。

塩風呂に浸かった後は不思議と肩の重さが消えたりするから「やっぱりなにか憑りついてた?」と本気で思ってしまう。

塩ってすごいです。

そういえば、最近は部屋に盛り塩とか置いてなかったな・・・と気づく。

人間は弱気な時に何となく見えないものの力に畏怖を感じてしまうものです。

先月は交通事故にも遭うし、体調も少し優れないのでこれを機に

部屋の浄化と波動を上げるために盛り塩セットを購入してみました。

人は何もしなくても、ずっとお風呂に入らないと体が汚れてくるように、普通に生活していても心身に少しづつ厄が溜まっていくようです。

人の文句や悪口を言ったり聞いたりすると、厄が溜まりやすくなります。

それらの厄をずっと溜めていると、悪運を呼びやすくなってしまうのです。

なので定期的に自分自身や住居空間を浄化するといいのです。

それを助けるのがこの「塩」です。

盛り塩をすることで住居空間を邪気から守り、悪いものが内に入り込むことがなくなることで、幸運をもたらしてくれます。

早速、玄関、寝室に盛り塩を置いて寝てみましたが、寝室の四隅に盛り塩を置いたらとてもぐっすりと眠れるようになりました。

ちなみに盛り塩は三角形に尖らした方が

良いエネルギーが入り易くなるようです。

場の氣が清浄になりました。

これから四隅の盛り塩をたまに舐めて自身の波動を上げようと思います。

ありがとうございました。

 

-日記

© 2020 山野麻沙子のブログ