ヘルスケア 日記

ミトコンドリアを活性化するコロコロ痛い!CS60を体験してきました

さて、突然ですがあなたは健康ですか?

 

現代人は常に何かしらの体の不調や色々な不安から来るストレスに晒されていると言います。

 

「私の体は悪い所なんてひとつもありません!」とハッキリと言える人はあまりいないんではないでしょうか?今回は病院嫌いな私が見つけた不思議な医療器具のお話をしたいと思います。

ひょんなことからCS60を知る

私もここ最近は体のあちこちに痛みがありまして、首や肩、腰、膝、偏頭痛や耳鳴りなどの症状が出ていました。

 

整骨院や大きな病院に行けば待合室にはいつでも人だらけで、軽く1時間は待たされて、診察はほんの2.3分で薬をもらって終わり・・・みたいな感じです。

 

もともと病院があまり好きじゃないというか、病院では根本から悪い所は治すことができないと思っていました。

 

そんな医療に疑問もあり、薬に頼らない治療法はないかな~?と探していたらひょんなことから「CS60」というものを知りました。

 こ〜んな手のひらサイズの小さい器具なんですが、これがすごいのです。

 

奇跡を呼ぶ「CS60」60兆個奇跡の細胞が蘇る

https://cs60.jp/

「CS60」は 60兆個の細胞を自然に滑らかな状態にするという、Cell Smooth 60 trillion からつけられた名称です。

最近多くの研究者によって、人の老化(寿命=生命エネルギーの低下)のメカニズムや病気の発症メカニズムに、ミトコンドリア起因することが明らかになってきました。

ミトコンドリアは、人の細胞60兆個の内部にある小器官で細胞内に数百個から数千個あります。仕事は「エネルギーの製造」で、水素と酸素を使って燃焼してエネルギーに換えています。

 

この様なことでミトコンドリアは生体電流の「発電所」と言われています。ミトコンドリアが多く、活性していると元気であり数が減ると動きが悪くなり息切れや動悸が激しくなり老いを感じるようになります。

細胞内のミトコンドリアが減少し稼働率の悪化が老化であり、生命力の低下を招きます。ミトコンドリアを活性化すれば大方の痛みや病気は改善します。

 

ミトコンドリアはATP回転(電位移動)することで発電しますが発電内容は通常我々が使用している電気ではありません。酸化還元電位-150mv~-180mvと言うマイナス電位を発電します。

 

マイナス電位はアルカリ性で細胞を軟化し血流を良くして、消炎、鎮痛作用、酸化物質を抑制、拡散します。つまり老化の抑制ができます。

 

一方プラス電位(活性酸素)は細胞が結集して固まる傾向が強く炎症を起こします。

 

人の老化は、ミトコンドリアが水素と酸素を反応させてATP(アデノシン三リン酸)細胞を回転させますがその時に安定していた酸素が分解され暴走をします。

 

これが「活性酸素」です。「活性酸素」は安定を求めて細胞内を飛び回り、細胞にぶつかる度にミトコンドリアを傷つけます。傷ついたミトコンドリアは死滅し細胞内でのミトコンドリアの数が減少してエネルギーの製造が減少するのが老化現象です。

 

人の細胞は60兆個もありその中でミトコンドリアは一つの細胞内に平均1000個としても天文学的な数量になります。しかし60兆個の細胞が全て活動をしている訳ではないのです。60兆個の内、約30%が活動していると言われています。

 

他の生物では腸内細菌では善玉菌が約10%で残りは日和見菌と大腸菌が締めています。働きアリの世界でも20%が一生懸命働いていて20%がサボリ60%が日和見と言われていますが、我々人間の社会でも同じような環境でしょう。

 

話が逸れましたが60兆個の細胞の活動率が上がるとどの様な事が起きるでしょうか。老化の原因は細胞内に生存するミトコンドリアのATP回転での発電時に活性酸素が放出させるためです。

 

活性酸素の元は呼吸による酸素です。一回の呼吸量は個人差がありますが大体決まっています。酸素供給量は同じでミトコンドリアの発電所が「CS60」の施術により活動率を上げると酸素の燃焼効率が上がり活性酸素の発生が抑制できると考えます。

 

車でいえば燃費効率をあげると排出ガス量が減少する様なものです。

「CS60」は、細胞内のミトコンドリアに直接働きかけ活性化するため、慢性的な肩コリ・痛み・シビレなどの諸症状が緩和されるばかりではなく、基礎代謝量の改善により、免疫力アップ、自然治癒力アップ、老化防止、ダイエット効果、美容効果等を上げることができる他に類を見ない画期的で近未来の医療を担う健康施術器具です。

 

なにやら、60兆個の人間の細胞のその一つにミトコンドリアが約1000個?と天文学的な数でいるんですが、その細胞も全て活動しているわけではないらしいのです。

細胞内でも2:8の法則がある?

この説明を読んでいると人間の細胞内でも2:8の法則(にっぱちの法則)が働いている?と思いましたが(笑)面白いですね。私たちの意識と繋がっているのでしょうかね。

 

この働いていない細胞をCS60を使ってこのミトコンドリアを活性化してあげることで体の痛みが改善できるんだそうです。

 

ミトコンドリアについてはあの亡くなった安保徹博士も言及していたと思います。なんだか繋がっています。

CS60をはじめて体験する

とにかく、病気の人でも未病の人でも一回の施術で効果を実感できるという事で、気になっていたんですね。

 

今回このCS60体験をしてきたのは場所は東京にある「CS60目黒」さんに伺いました。

 

目黒駅から徒歩5分マンションのビルの4階に向かいます。近いです。

 

無事について早速ドアベルを鳴らすと、キレイな女性が出てきました。

 

今回の担当は光島さんという女性スタッフにお願いしました。

 

奥に入ってみると、ベットが2つあり、そこに先客が一人施術中でした。

 

「痛タタタ~!!!」

 

「あ、そこ・・痛いーーーー」

 

そこでは

 

謎のあの器具で体を擦られて痛がっている男性がいました。なにやら痛さで悶えている様子・・・

 

男の人が痛さで悶えているというなんとも滑稽な風景・・・果たして自分は大丈夫なんだろうか・・・?

 

不安とワクワクが入り混じる中、椅子に座りながら置いてあったCS60の説明パンフレットを読んでいた。

 

このCS60の設計者は西村光久さんという方で、西村先生は長年建設業界に携わっていた方なのですが、不可能と言われた溶接ロボットの開発に成功したことを皮切りに次々に発明商品を世に送り出し、環境問題の一環としてアトピー対策に着手。

 

その症状を起こす原因と改善方法がわかった先に、不要な電磁波、電気を抜き取ることが良いという事で開発されたのがこのCS60らしいです・・・

 

最近はセドナのシャーマンにもこのCS60を贈呈したらしいです。ん?ただものじゃないかんじがする。

 

この器具はこの先とても多くの人の救いになるんではないだろうか・・そんな直感がしてます。

施術中は痛くすぐったい?

数分後、スタッフに呼ばれて、体の症状を伝えます。

 

そのあと、ベッドにうつ伏せになって足のかかと部分から施術開始です。

 

薄い布一枚を体に当ててその上からCS60で擦っていきます。

 

かかとをトントン叩く感じでしたが、足は今のところなんの反応もなく・・・

 

その後どんどん上に上がりふくらはぎの所に来た瞬間、じわじわ痛さが伝わってきた・・

 

「痛い!痛い~!力入れてませんか?」って聞いちゃったくらいぐりぐり押されてるような痛さが走る・・・

 

スタッフの方は「いやそんなに力入れてません・・」とのこと。

 

「ここね~、座り仕事の人はここはひどい人が多いですね~、今流してますから・・この膝の裏あたりですけど、ここ痛いですよね?」と悪い所がわかっていた。以前から左ひざに痛みがあったのでその部分だった。

 

その後はもうずっとふくらはぎと大腿四頭筋あたりはすべて痛みが現われて、体中から汗をかくほどに悶えていました(笑)

 

筋トレ??と思うくらいにいい汗かきます。

 

そしてお尻と背中の方に行きますと、背骨の真ん中あたりを擦られていると、こそばゆい感じがしてきました。

 

「そこ・・こそばゆいんですけど・・」と伝えると「くすぐったい感じの時は層の上の部分で初めに現れる症状なんです、それが過ぎるとそのあと痛みが出てきます・・」とのこと。

 

この後、痛みがくるんでですね~・・・なんとも不思議な感覚なんですが、その擦った後は体全体がほぐされていて体が緩くなるんです。

 

曲がらない場所が曲がったりして効果がすぐでます。

 

わたしは最近偏頭痛がよくしてたので背中と首あたりが酷くコリがあるようでした。

 

「これは痛いはずです・・」と言われて首の調整をしてくれました。

 

その後は仰向けになって、足の表面側をまんべんなく擦ります。足の内側が痛みが酷くてまた汗が噴き出てきます。CS60で擦った後の足は骨盤のズレも元の位置に戻ります。

 

かなり体は歪んでいたようで、そういうものが痛みになって現れていたんだという事です。

 

お腹もグリグリと擦られて痛みが来るかと思いきや、こそばゆいので笑いそうになりました。鎖骨辺りは不思議な感じがして手にしびれが走り変な感じがしました。

 

最後に頭皮をやってもらったんですが、指でゴリゴリされてるのかと思うくらい痛くて笑ってしまいました。

クセになる痛さ

なんなんだろう・・・痛いのに、笑えるんです。

 

スタッフさんの言葉で

 

「不思議ですけど、皆さん痛い痛いって言ってそれにお金払うんですよ・・(笑)なんか変ですよね?」と・・・思わず笑ってしまいましたが、あっという間の50分でした。

 

終わるころにはすでに足が筋肉痛のように重く痛くなっていました。

 

でもなんでしょう、体がスッキリした感じがしました。笑い悶えたからなのか、体全体が緩んだ感じです。

 

スタッフさんが言うには、「帰宅して2.3日に体に青あざが出るかもしれませんが、それは好転反応なのでそのうち消えますので大丈夫です。」とのことでした。

 

なんだか不思議なCS60体験でしたが、体の悪い所がわかったので良い経験となりました。これはなんだか癖になりそうです。

 

また近いうちに目黒に行きたいと思います。

 

実際に西村先生が施術している動画はこちらです。

こんな場所で擦っていただきたい~♪

 

宇宙からきた新未来の医療器具、そんな気がしたCS60でした。

 

どうもありがとうございました

 

 

CS60目黒 https://www.cs60meguro.com/

 

 

 

-ヘルスケア, 日記

© 2020 山野麻沙子のブログ