日々の気づき

間脳をバージョンアップさせるウォーキング中に見つけた楽しさと気づき

 

最近週末の日課になっているウォーキングですが歩くとやはり体調が良くなる気がします。

何事にもやる気が増すというのでしょうか。

でも体にもいいウォーキングですが、実は脳にも関連していいんです。

運動することが一番、間脳に効果があるんです

間脳とは?

眉間の奥にある部分なんですが

ゼロポイントフィールドや、ボルテックスとも呼ばれているいわば、受信機がここにある様なものと思えば分かりやすいかもしれませんね。

仕事のパフォーマンスを上げるには

この部分を鍛えることが大事なんです。

なので、

また筋トレもスタートしようと思います。

近所の阿久遺跡が私はなんとなく好きな場所なんですが、

歩いているとやたらゴミが落ちているのが目に付く。

ウォーキング+ゴミ拾い

ただ歩くより、ゴミを拾いながら歩いてる方が楽しくなってきた。

なんとなく運気も上がってる気がする、いや、上がるでしょ。

すれ違った人には

「どうもご苦労様です!」と声もかけられたりしてなんだか気持ちがいいのです。

 

 

冬らしくなってきた八ヶ岳連峰

うっすら山頂にも雪がのっかりました。

道端はよく見るとタバコの吸い殻がかなり落ちているのに気づく。

 

100本以上ある時もあった。

田舎だってこんなにゴミはあるんだ。

公園の周りを歩いたときにデカい袋2つ満杯になるほどのペットボトルと缶を拾って帰宅した。

この時ほどやりがいのあるゴミ拾いはなかった。

本当にすっきりしたんですよねこころが、ゴミ拾いって自己満足の世界。

色々なことに気付ける。

 

その一週間後にその公園へまた行ってみた。

え???目を疑うほど拍子抜けというか、楽しみが消されたような・・

そんな気分になりました。

 

だって

ゴミが一つもないって、、、

普通悲しまないのかな。笑

 

でも残念なようで嬉しい確信を感じました。

ゴミのある場所はマイナスのエネルギーが充満しているといいますね。

ひとつ負が落ちてると、連鎖してまた負を引き寄せる。

そしてその周りにどんどん負のエネルギーが集まり積もり積もって淀んだ空間になる。

汚いな~と思うところをキレイにすれば場所の気が変わる。

これって自分の部屋掃除にも通じます。

目を覆いたくなるほど汚い部屋とか、近づきたくないですよね。

そんな部屋も掃除すれば部屋の気が変わり居心地が良くなったりします。

その自分の部屋っていう枠から出ても掃除してその場所が良い空間になるなら

いろんなところを掃除したら気は良くなるんじゃないかな、と

 

 

私は見える人でありたい。

ゴミ拾いをしたら、

 

車を運転してる時にやたら道路に落ちてるゴミに目がいく自分がいます。

 

ゴミセンサーがぴぴぴ!と反応するっていうのかな。

 

敏感になります。

 

継続しようと思う。

 

地球をキレイにして

 

本日もラクゥ〜にいきましょう。

 

では、ありがとうございました。

-日々の気づき

© 2020 山野麻沙子のブログ