ヘルスケア

生きていく上で水よりも大切なもの

こんにちは、山野麻沙子です。

 

私は水と豆乳だけで1週間断食した経験があります。人間は食べなくてもある程度は生きていけますが、もし酸素がなくなってしまったらどうでしょうか?

 

きっと5分たりとも生きていくことはできないんではないでしょうか?

 

人間は生まれると同時に息を始めて、その息が止まった時に死にます。

 

呼吸は人間の生命の源とも言えます。

 

今回はそんな「呼吸」についてお話したいと思います。

一番いい呼吸法は?

昔から「息」は重要なものとして考えられ、「息することが」がそのまま「生きる」という言葉になりました。

 

人は緊張や、恐怖に襲われると呼吸が浅くなり、温泉やマッサージなどでリラックスしている時は呼吸は深くなります。

 

この深く長い息は健康に良いとされ、「長息」が「長生き」をも意味します。

 

あなたはいつも深い呼吸をしていますか?意外と意識しないと呼吸は浅くなっていることに気づくはずです。

生きていると生活の中で緊張したり、興奮したり、苦しかったりと様々な原因がたくさんあります。

 

猫背や前屈になっている時は無意識に呼吸は浅くなります。逆に姿勢が良くなると完全な深い呼吸ができて脈と血圧が整って健康体になれる。

 

そこで理想的な呼吸法は胸腹式呼吸法です。

笑いは百薬の長?

この胸腹式呼吸では腹の底まで息を吸い込みます。深く深く呼吸します。

 

この胸腹式呼吸を意識しなくてもできる方法があります。

 

それは何か楽しいものを見て「笑う」ことです。

そして好きな曲を流して「歌う」ことです。

眠い時に出る「あくび」もそうです。

 

これらはみな、息が長く深いので、理想的な呼吸法になります。

 

昔から「笑いは百薬の長」と言われ、詩吟や謡いが長寿法とされてきたのは、楽しみながら、くつろぎながら、自然な呼吸法をしているからです。

 

なぜあくびが出るのかというと、脳が酸素不足になって新鮮な空気を送り込むための心身のバランス維持のための現れなんですね。

 

ここで大切なことは、腹式呼吸は気持ちを丹田に集中することです。そして、上半身の首、肩、ひじの力は抜いて完全な脱力状態にするといいです。

 

最後に夜寝る前に簡単にできる完全呼吸法がおススメです。

1分弱の動画です。

 

あなたも、ゆっくりラク~に長息して、長生きしませんか?

 

ひとりビジネスには体が資本です。

 

では、どうもありがとうございました。

-ヘルスケア

© 2020 山野麻沙子のブログ