ヘルスケア 陰謀論

コロナウイルスから防衛するなら独りネットビジネスが最強

こんにちは、山野麻沙子です。

 

前回の記事、コロナウイルスの真実でメンターと対談していただいたミスターXさんですが、vol,1が好評だった為、引き続きコロナウイルスの真相vo,2としてまたお話を聞かせてくれました。

 

今回はコロナウイルスの真相と今後の対策についてに切り込んでいますので、これからあなたの大切な家族を守るためにもいい学びになると思いますので是非ご覧ください。

 

 

今回のお話をまとめると・・・

 

コロナウイルスは免疫細胞まで影響があると確認された、空気感染するHIVウイルスを改良したものである疑いがある。

 過去においての様々な事件でも、真相に関しては報道の裏の情報は当たらずとも遠からずである。(911テロ事件)がその一つ。今の日本はとても不安に陥っている状態。

 ミスターXさんによると「日本の政府はどうしようもない」という。

 陰謀論として一笑に付す連中もいるが、元々この言葉自体がCIAが作りだした造語である。

 マスコミはフェイクニュースのオンパレードである。

 インターネットのニュースとテレビから流されるニュースは格差がありすぎる。

 情報に対して選択眼を持つことがこれからは大事である。SNS,Twitter、Facebookのが情報が速い。

 今回のコロナウイルスで人々の意識が変わってきている。テレビ報道があてにならないというのが認識され始めている。意識が覚醒し始めている。

 50代、60代が免疫力がないので一番感染すると危ない。

 一番安全なのは外出しないこと。ミスターXさんは今は生活は不労所得化しているので外出はしない、なので引きこもれる。

 コロナウイルスから身を守るのには

外出しないのが最強の防衛方法である。

個人鎖国状態がよし。

 引きこもり最強!

大阪が結構危ないらしい。(在日中国人が多い)

 関西は医療は進んでいる。(だが自己防衛は大切)

 繁華街には出歩かない。

 マスク着用(外したらポケットには入れないこと!表面に付着したウイルスが大変なことになるので、外したら捨てる。)

 手洗い励行。トイレはウォシュレットは使わないこと。手洗い場のエアードライヤーは使わない。

 

確かに今回のお話でも触れていた中国と日本の情報の格差はかなり違いすぎます。SNSやネットで調べると武漢の現地の映像や生の声などが聞けますし、情報が入ります。

 

陰謀論という言葉も一般市民に猜疑心を持たせる為に作ったんだと思っています。陰謀論って言ってしまえば、「ほんとにそんなことあるの〜?」て思うでしょ?そうやって真実から遠ざけようとする。

 

だから陰謀論と言われているものは、実は完全に嘘でもないのかもしれません。

 

話は戻りますが、

現地中国の武漢では人がバタバタ倒れていてかなり人も亡くなっている方が出ていて、白い防護服を着ていてとても警戒態勢がされているのに対し

 

日本の場合はまず驚いたのは武漢からのチャーター便第一号機が到着し武漢から帰国した日本人男性2人がフツーに記者会見していましたよね?マスコミの方もフツーに話してましたよね。

 

あの時「え???なんでーー???」と思わず失笑してしまったのですが。

 

でも心のどこかで「あぁ・・やっぱりね・・」とも思いましなた。

 

なんとも普通の風邪のような対応・・・

インフルエンザなんて可愛いものじゃないのような気がしたのですが、、

 

中国の騒ぎを見ていたらわかるのですが、本来なら飛行機にいた人全員隔離することなんではないでしょうか?だって飛行機という密閉空間なのですでに空気感染してる疑いがある。

 

潜伏期間もその時は14日だったから2週間は病院で隔離しないといけない。なのに全員同じバスで千葉にあるホテル三日月へ向かうという

 

もうここから地獄へのカウントダウンが始まったようにも思う。二人は検査拒否で帰宅とか・・ゆるい。ゆるすぎる。

 

もうあてにはしていませんが、日本政府は全く危機感がないのです。ある意味凄いです。国民もそうだが平和ボケし過ぎている・・・

 

311の時もそうだが日本人はなにごともなかったように過ごすプロとも言えます。狂牛病もそうですけどみんな忘れちゃう。放射能も忘れちゃう。その話を持ち出すと、「そんなの気にすんなよ~」と言われてしまう。

 

そして、そうやって気にしないで生きてきて今現在の認知症の増加に繋がっている気がするんですけどね。

 

でもまあ、今回コロナではさすがにちょっと何かおかしくない?と思う人が増えている。目覚めてきてる人が増えているのかもしれない。私も今回は本気の生物兵器だなって思っています。高齢者の方々が大変です。

 

でもきちんとやるべき対策で防衛していこうではないですか。マスク手洗い励行でコロナウイルスを追い出しましょう!潜伏期間が長いから念のためマスクはした方がいいでしょう。周りの方のためでもあります。

 

あと外出したらその手で顔を触らないようにした方いいです。目や口からウイルスが入ってしまいます。でも外出自体が危険です。

 

人から人への感染という事はもう完全個人鎖国で仕事をする環境にするのが一番安全ですね。

 

ミスターXさんもおっしゃっていましたが、このコロナウイルスの防衛には収入を不労所得化して自宅で生活するのが最強なんだと思います。

 

こんなニュースもありましたね。

この危機回避のためGMOでは4000人の社員を在宅勤務にしたようです。

社員の安全を第一に考えた素晴らしい企業だと思います。しかも3Mのマスク配布って、配慮がなっていますね~。こんな会社なら社員さんもきっと労わってもらっているので仕事もはかどるし頑張ろうと思うんでしょうね。

 

これからはネットとパソコン一台があればが仕事ができる環境をつくることが時流に乗った働き方なんだと思います。

 

独りネットビジネスなら上司から怒鳴られないし、時間も自由だし、人間関係も好きな人だけ会えるし、給料の金額も自分で決められる、場所も好きな場所で働くことができる。

 

寒いなら布団でぬくぬく寝ていてもいいし、パソコンがあれば寝ながら仕事だっていい。

実際メンターのコンサル生の神田さんはこんな感じで布団の中ぬくぬくとパソコン一つで仕事しています。

 

通勤がない、満員電車に乗らなくていい、家から出なくていい、好きなところで働けるそれが可能になるメンターの独りネットビジネスは最強だと思います。

 

まさかの生物兵器でこんなことになっていますが、私の直感は正しかったと思いました。

 

わたしも布団でぬくぬく猫のように布団の上でパソコン一台で働きたいので一生メンターの学びに自己投資します。

 

もう昭和時代の古臭い努力、根性タイプではなく、インスピレーション、マインド型の独りビジネスしたい人専用教材

https://yutaka-products.com/

 

どうもありがとうございました。

-ヘルスケア, 陰謀論

© 2020 山野麻沙子のブログ