この世のしくみ

【支配階級】マネーゲームから脱却する生き方を選ぶ

こんにちは、山野麻沙子です。

 私たちはこの世界で普通に生きているように思えますが、じつは全て支配されています。

なんとなくこの世界が生きづらいな、、と思うならこの世の中のしくみを知ることでラクに生きれるかもしれません。

今回はメンターの動画で学んだこの世の中にある、お金、労働、支配層、マネーゲームから脱却するにはどうしたらいいのか?というお話をまとめてみました。

 

支配階級とは何か?

まず支配階級という意味をで調べてみると・・・

 

支配階級(しはいかいきゅう)とは社会学用語の一つ。これは社会において勢力を持っており、このことから社会を支配することとなる階級のことを言う。このような階級になるのは政治や経済において力を持っているためである。

 

なので一般の人が上位の層になりたくてなれるものではないという事です。

 

世界の支配構造とは?

 世界の支配構想を説明する前に図のような四層ピラミッドで表してみたいと思うのですが、

・ブルーブラッド

・ビジネスクラス

・ミドルクラス

・ワーカー

という四つに分けられます。

 ブルーブラッドとビジネスクラスを合わせると約6000人になります。

ブルーブラッド

人が生きていくために必要なモノ全般の権利を持っている。

例えば、石油、金融取引、水道などのライフラインですね。この層にはロスチャイルドやロックフェラー財閥が含まれています。

約300人くらいいると言われています。

ビジネスクラス

ここは、各国の大統領や世界的大企業の社長、プライベートジェットを持っている層です。

 

大物アーティストなら、U2やビルゲイツです。ですからビジネスクラスといってもちょっとした企業の社長ではここには入ることはできません。

 

ビルゲイツクラスでようやくこの層に行ける。

 

マイクロソフトで世界的に知られる大企業のトップでようやくビジネスクラスに入れるのです。

ミドルクラス

この層になると大企業の社長、たとえば、カルロスゴーン、孫正義などがそうです。

 

しかし上場企業の社長でもみんながここに入れるわけではありません。

 

かなり厳選されます。

 

アメリカの超一流のスポーツ選手などもここに入ることができます。

ワーカー

最後にワーカーという層ですが、ここは労働力に関わる人達全般のことをいいます。

 

別に働く人という意味ではありません。

 

年商30億の社長もこの層で、中小企業の社長もここです。一般の会社員、派遣社員とフリーターもここになります。

 

ビジネスクラスとブルーブラッドの差を知る

フォーブス世界長者番付2018年版

 ここでビジネスクラスについてですが、1位についたAmazon創始者である、ジェフ・ベゾスは1120億ドルで約11兆円です。

 

次いで2位、マイクロソフト創始者であるビル・ゲイツは900億ドル、約9兆円

 

3位の投資家で有名なウォーレン・バフェットは840億ドル、約8兆円

 

4位のベルナール・アルノ-は、世界の有名ブランド(ルイヴィトン、クリスチャン・ディオール、フェンディ、ブルガリ)のトップの総まとめしている方です。720億ドル、約7兆円

 

5位はフェースブックの創始者で710億ドル、約7兆円

 

1位についたAmazon創始者である、ジェフ・ベゾスは1120億ドルで約11兆円です。

 

ここで、ピラミッドの最上位のブルーブラッド層にいるロックフェラーについてお話したいのですが、

 

ロックフェラーとは、世界最大の石油会社の創始者で、その総資産額はおよそ1000兆円程といわれています。

 

ここで、先ほどの

ビジネスクラスの1位で11兆円と

ロックフェラーの1000兆円

どれだけ資産額の差が大きいのか理解できると思います。

 

それよりもっとすごいのが、

ロスチャイルドについてなんですが、ロスチャイルドとは、ヨーロッパの貴族でユダヤの一族で、

その総資産は1京円といわれています。ちなみに1京とは10000兆円になります。

 

わかりやすく言いますと、ビルゲイツの10兆円の1000倍になるのです。

ロスチャイルドが世界を支配していると言っても過言ではない

ここで1京円の資産を持っているロスチャイルドの所有しているものは何か?という事なのですが

まずは通信を所有しています。

ABC・NBC・CBS放送、ロイター通信社、AP通信社(世界の情報はこの2社から発信している)

そして日本に流れる情報もここを通じて流れてきます。なので

ロスチャイルドを通じて日本の情報は配信されていると言っても過言ではないのです。

情報やマスコミなどをすべて支配しているとも言えます。

次に石油、食品、銀行、保険、その他ダイヤモンドの会社を所有しています。

 

ここで日本の年金の積立金の話をしたいのですが、

この積立金は約160兆円なんですね、ですから10000万兆円というのは

世界を簡単に動かせるそのくらい莫大な資産額なんですね。

 

なのでかんたんに人を生かすこともできるし、殺すこともできてしまいますね。

 

私は数字がとても苦手なので今までこういうことを避けていましたが、

 

メンターから学びこういうことをきちんと知るとですね、11兆円も自分にはかなり意味の分からない金額で1京円という資産なんてものはなんとも途方もなく想像もつかないです。

 

ましてや、1京円の総資産を持つ人にもし逆らったら大変なことになるんだろうな・・というのはなんとなくわかります。

 

そしてこの支配層に抗っても意味のないことなんじゃないだろうかとも思うのです。

 

この支配階級から抜け出した方がラクじゃない?

世界は支配されています。ここを読んだあなたにもそれは理解できたと思います。

 

上記のピラミッドの支配階級が作られているのを俯瞰してみていると・・

 

なんかすべてがバカバカしい~!とさえ思えてくるのです。

 

なんかこのピラミッド構想の中にいると、いつまで経ってもお金に苦しみ、物を買い漁り、それを周りに自慢し、お金もないのに海外旅行に行ったりする。その繰り返しです。

これじゃいつまで経っても労働者なんですよね。

 

メンターからの教えではこの支配構造から抜け出ることも可能なんだと教わりました。

 

以前までは私もこの世を支配してるものは悪い人達なんだ!とかなんとなくお金持ちを批判していましたがそういうのも、もうどうでもいいんです。

 

支配層とか、ロスチャイルドとか

 

「はぁ??だから何?」てかんじです。

 

自分軸で生きる

そんなことで時間を奪われていないで、自分の精神を磨くことに励んだ方が心と体にとても優しいと思います。

 

その為にはどうすればいいのかというと、徳を積む生き方をするのです。愛のある言葉や、感謝の気持ちを表していくことを率先してやってみるのです。まちがっても人の悪口や批判、中傷などを書かないし、言わない、そういうのを見ない生き方です。負の波動に同調しないようにするのです。

 

恨み妬み嫉みの負の波動に飲み込まれないようにする。

 

でもこの生き方を選択するとかなり孤独になるといいます。それはワーカーの人たちと全く話があわなくなるからです。

 

でもそれでも自分軸で生きる。

 

成功者の方ってみんな孤独なんだといいます。その孤独の先に成功があるといいます。

 

大衆の逆を行き、同調バイアスの外に行けた者だけがこの先、生き残れるのかもしれません。

 

私もこれからもメンターの元で本物の学びを得ていきたいと思います。

 

どうもありがとうございました。

-この世のしくみ
-

© 2020 山野麻沙子のブログ