自己啓発

無限状態を作る

結構、
大人になると
自分に限度(リミット)を
つけてしまう人が
多いのではないでしょうか?

 

知らず知らずのうちに
周りのひとの言葉で
あなたは自分の可能性を
固定してしまっている場合があります。

 

これを

「フレームワーク」

というのですが、

 

たとえば、
神様があなたに
「願いを3つだけ叶えてあげましょう・・・」と言われたら
あなたは何と答えますか?

 

人によっては

一つ目は
優しい彼氏彼女が欲しいです

二つ目は
一生困らない億万長者になりたいです

三つ目は
高級車が欲しいです

 

こんな風に

お願い事をする人もいるかもしれません。

 

3つって言われたらフツーに
こんなお願いをしてしまうひとも
いるかもしれません。

 

でも

これはかなり大人の制限を自分につけてしまっています。

 

本当に3つだけでいいんですか?と思っちゃいます。

 

でもこれが10歳くらいの子供だったらもっと型にはまらないお願いごとをしていると思うのです。

 

たとえば制限を知らない子供なら、

 

一つ目は10億円ほしい

2つ目は病気にならない健康な体がほしい

3つ目は無限に願いを叶えてください

 

こんなことを言っていたと思います。

 

大人になるとこういうことを言えなくなるのです。

 

なぜこのようなことを
言えなくなるのかは、
それは学生の時などに
そういう話をしていて

 

「無限に願いを叶えて欲しい!」なんてことを友達に言ったりすると、

 

友達からは

「いや、それは無理だ」
と言われてしまった記憶とか、

「そういうのはナシだ」と
言われたこともあると思います。

 

そして

そういう記憶がなぜか頭に
焼き付いて大人になっても
なぜかそのルールを守っていたり
してしまうのです。

 

だんだん大人になるにつれ
自分の可能性を閉じ込めてしまうのです。

 

 

でも成功したければ
このリミットをかけてはいけないんだと
メンターから教わりました。

 

 

自分の可能性は無限であって
もっと柔らかく
思考していればいいのですが、

 

 

成長していく段階で、
友達、親、パートナーに
「そんなことは無理に決まってるだろ!」
と何かいろいろと
言われてしまうので
それが潜在意識に焼き付いて
大人になると

 

「こんなこと言ったらいけないんだろうな・・」と勝手に思ってしまうのです。

 

でも総じて成功する人はこういう
過去の他人からの言葉なんて
全く気にしていません。

 

 

それはなぜかというと、

 

過去ではなく、
「今を生きているから」
です。

 

今、この瞬間に
全力を尽くしているのです。

 

だから

 

過去にどんなに
親や、友達、パートナーに
「お前が成功するなんて無理だ!」
なんて言われても関係ないし、
気にしていないのです。

 

私たちには無限の可能性があるのです。

 

 

 

-自己啓発

© 2020 山野麻沙子のブログ