マインドセット

負のエネルギーを撃退する方法

 

もし、あなたが日常生活の中の人間関係で人に文句を言われたり、傷つくことを言われたり、

あなたが職場の上司になにか嫌なことを言われて落ち込んだり、いろんな感情で悩んでいて

すべてがうまくいかないと悲観していて

今すぐこの嫌~な感情を消し去りたい!と思っているのなら是非この方法を試してみてください。

紙に書きだす

ここで大事なのが、まずは素直にあなたが今心の中で思っていることで、ネガティブなエネルギーになっていると感じることがあるならばそのことを、紙に全部書き出してみて下さい。

上司に言われた文句に怒りがあるなら「怒り」と感情を書いてください。

誰にも愛されないから寂しいならば 「さみしい」と書いてみて下さい。

紙に書くことで、もやもやぼんやりとした気持ちから輪郭のハッキリした自分の気持ちを知ることができます。

いったん

目の前に書いた紙を置いて見て冷静になりましょう。

第三者の目線で俯瞰して自分を見る

その書いた紙と自分を誰かが天井の斜め上辺りから見下ろす感じで自分を見つめてみて下さい。

まるで他人が自分を眺めている状態で見てみると、自分を客観的に見れるので、

「今この人は、怒りのエネルギーが出てるんだな・・」とか

「この人は寂しいんだな・・」と俯瞰して自分を見れますよね?

意識レベルで自分を見るような感覚ですね。

昔の嫌なことを思い出した時もそうです。このイメージで自分を俯瞰して見つめてみて下さい。

俯瞰してみるとどうすればいいか答えが出る

この客観的に自分を見ることで、冷静に自分の感情を見つめられるので、

今この人は上司に対してこういわれたから怒っているんだな・・

ならばこうすればいいんじゃないか・・・?

と冷静な目、平常心で見るので客観的に答えも出ます。

他人の感覚で自分の行動を見つめるのです。

そして、答えが出たら、

そのあとキレイさっぱりその紙を破り捨ててください。

 

この習慣をつけることで、自分に嫌な感情がただ湧きあがっただけなんだ・・・

自分の中でこの感情を克服できたんだと、冷静に見つめることで簡単にポジティブな感情に戻れるでしょう。

そう私たちはエネルギーの集合体である、感情はそのなかの幻想にすぎないのです。

負のエネルギーは消して良いことだけを考えましょう。

怒り、恐怖、不安、孤独そんな時は自分を俯瞰してみて下さい。

 

昔のドリフターズのコントで「俯瞰の病院」というおもしろい動画がありました。

こんな感じで自分を客観的に見つめてみることをお勧めします。

 

なんだか、昔のコントって面白いですよね。笑

今日も笑って

負のエネルギーは撃退し、ラクぅ~にいきましょう。

ありがとうございました。

 

 

-マインドセット

© 2020 山野麻沙子のブログ