自己紹介

はじめまして
山野麻沙子のブログに
お越しくださりどうもありがとうございます。

私は生まれた時から
「生きづらさ」というものを
常に感じて生きていました。

その一つとして幼い時から
自分の体に違和感を感じていたこと。

物心ついたときには
女の体でありながら
女の人を好きになる自分がいました。

今でこそよく聞くようになった
LGBTという
セクシャルマイノリティーの
総称が有名ですが
当時はそんな大々的に
カミングアウトなんてできる感じでは
なかった。

自分がセクシャルマイノリティだと周りに言うことを怖れていました。

そんなこと言ったら変態とか、
気持ち悪いとか言われるんじゃないかと
いつも怖れて自分を隠して生きてきました。

自分らしく生きるとか、
普通に生きるとか
そんな普通のことが
普通にできなくなっていました。

こんな私も今までいろいろな仕事をやってきました。

ガソリンスタンド、ピザ屋のバイト、
市場の仕事、警備員、
ショップの店員、プレス工場、
深夜の配送業、
12時間労働のお茶工場バイト、
造園業、
トラックドライバーと

いろいろやる中で

どこにいても自分の好きな仕事はこれじゃない・・と思っていました。

社会人になって職場に行ってもいつも本当の自分を隠しながら仕事していました。

もっとありのままの自分でいたい・・・

もっと自由になりたい!
本当の自由が欲しい!

どこに行っても漠然とした
不安に襲われる中、
いつも本当の自由を
心の奥では探していたと思います。

職場では上司のパワハラを受けたり、
無理な重労働とストレスで
不眠症や動悸が
激しくなり

精神的に病んだこともあります。

働くという事にいつも疑問を感じていました。

このまま一生こうやって
朝から晩まで働かないといけないのかな~といつも思っていました。

そしてこの社会はおかしいぞ!と
本気で思うようになった
決定的なことは
2011年の3月11日に起きた
東日本大震災の時です。

私もあの震災を運送業で
働いている時に体験したのですが、
私は大宮駅で被災しました。

もうあの時は今までに経験したことのない
尋常ではない大きな揺れを体験し、
トラックの天井に縦揺れで
頭をぶつけるほどの激しい揺れでした。

それが5分くらいあったと思います。

まさに「この世の終わり」を揺れている最中に感じていました。

大宮駅から会社までの道のりは
普段なら1時間半ほどで
着くところなのですが

その日は3時間もかかって会社に戻ることに
なりました

それでも余震も激しい中なんとか帰社し、

事務所に着くと会社のテレビでは街ひとつを飲み込む大きな津波の映像が流れていました。

多くの人や家屋が流されていく・・・

私はその映像に言葉を失っていましたが

部長は

「これ、東北だって、デカいよね~、凄いよね~コレ」と
平然とその一言だけ言ってまた普通に仕事をしていました。

私はこんな大惨事が起きてるのに何でこんなに普通に働いてられるの??と周りの冷静さが理解できなかったのです。

しかも
これから普通に東京へ向かうコースの従業員が出勤してきたりしていて、
こんな大震災があって
これから東京に向かうってかなり危険なんじゃないんですか?

とその従業員の頭を疑いました。

その時私はこの社会にとてつもない
違和感と、何ともいえない気持ち悪さを感じたのです。

命よりも仕事が大事なのか?

こんな時でも何事もなかったかのように
働くなんて暴力まではないものの

マインドコントロールとされているのと変わらないんじゃないのだろうかとも思えました。

これがあたりまえなの?いや、あたりまえじゃないでしょ・・と自問自答していました。

その後、福島第一原発の爆発の事故が起きました。

この出来事が私の意識を大きく変えました。

この震災で多くの人の命が消えていった。

人の死を見ていろいろ考えさせられたのです。

明日死ぬとしたら自分は今何がしたいのか?

明日生きたかった人もいるのに
生きられなかった人もいるんだよな・・と
命の尊さを考えていたのです。

明日死ぬと思って生きる、

やりたいことをやろう!そう思った。

その時

「今やりたいことは田舎で自給自足がしたい」と思ったのです。

私はその時アレルギー持ちで
精神も弱っていたので自分で畑で野菜を
作って自然に囲まれた
自給生活がしたかったのです。

三姉妹の末っ子として生まれた私は

親には「お前はひとりじゃ何もできないんだからやめとけ!」

とか「お前も男と早く結婚しろ!」とか言われていたがその言葉を押し切って田舎で自給自足をするために向かった。

その後
退職金だけを握って田舎に行き
生活するものの、
その一年目は順調に畑で美味しい野菜も
出来て古い古民家の改修をしながら
のんびり生活できたのですが、

意外と古い家の改修費がかさみお金が無くなっていき困っていた時の事です。

なにか自宅でできる
仕事はないだろうか?

とパソコンでできるネット副業が目に入り
高額の20万円の商材を買うも
ブログ記事をたくさん書くことに疲れて
体調を壊し自分には無理だとあきらめる。

その後、懲りずに
物販転売をやってみるも赤字になり、商品の在庫を持つことになる。

もう失敗だらけです。笑

そして
家の改修費といろいろ手を出した
ネットビジネス商材の
借金が180万円以上に膨れ上がり、
自給自足どころではなくなって
田舎の生活に絶望感を感じていました。

でもそんな時
パソコンでYouTubeを見ていた時に
奇跡的にも今のメンターの松田さんに
出会いました。

メンターの学びは
今までのネットビジネス商材とは全く違いました。

なるべく頑張らずに働く

ゆるく、ラクに働く

病気になりにくい、ストレスのなるべくない生き方にする

今までのネットビジネスとは真逆の働き方でした。

メンターに出会ってからもう2年くらいになりますが・・

今の自分は心の底から幸せ者だな~!
と言えます。

ほんの数年前までは人生のどん底でした。

でもそこから2年で自分でも
驚くくらい

人生は大きく変わりました。

私がずっと前から求めていた
自由が手に入れられたのです。

経済的自由

時間の自由

場所の自由

人間関係の自由

この4つの自由があれば
ストレスフリーです。

ひまわりさんとメンターの松田さんに
出会っていなかったら

わたしは今頃アル中と精神病でやられて
脳梗塞にでもなって
死んでいたかもしれません。

メンターには本当に救われています。

人の精神や悩みを解決するメンターは本物だと思っています。

私にとってひまわりさんとメンターは
ヒーラーみたいな存在なんです。

これから日本は激動の時代が
来ると言われています。

そんな中でもわたしは自分も大事ですが、
きちんと学んで
大事な家族を守りたいと思います。

このブログでは少しでも

あなたのお役に立てる配信ができるように
愛と真心を持って書いていこうと思いますので

どうぞこれからもよろしくお願いします。

 

© 2020 山野麻沙子のブログ