独りで幸せな日々

見えないものを見る力、それが愛

山野麻沙子

40代正社員で毎月手取り16万円の生活に毎日が絶望感に苛まれる。副業を考え商材に手を出すも結果が出ないまま借金100万以上になる。奇跡的にメンターに出会い本物のマインドセット、引き寄せの法則、周波数、潜在意識の使い方を学び人生好転、今日も生かされていることに感謝感謝の日々です

誰にも知られずに人の役に立つことをする

 

そういうことを「陰徳」といいます

 

独りひっそりビジネスではネットに顔も名前も出さずにひっそりと働く

 

同じようにネットとパソコンだけで家で独りで働きたいひとのために

 

役に立つことをひっそりブログで配信していくお仕事です

 

それでいて

自分も喜び、相手も喜び、世間も喜び、神様も喜ぶ

四方良しの働き方であります

 

 

「ひまわりさんの教え」を学ぶようになると

私も人々に与えたいな!そう思うようになります

 

独りひっそりビジネスは誰にも知られずにひっそりやるお仕事、それは神事

 

この「陰徳」に通じるところがあります

 

でもべつにブログで文字をかけなくても、それは普段の生活の中でもできたりします

 

誰かの役にたつといいなぁ~という気持ちで生きる

誰かの役に立ちたい、それは

 

この気持ちを忘れずに生きていると

 

誰かの役に立つことを脳がピピピ!っとセンサーするんです

それは日常のふとした瞬間に表れます

 

私はコンビニである書類をコピーをしようと出かけました

 

そのコピー機の蓋を開けたら

 

そこには誰かの忘れた免許証が置いてあったんです

 

私も昔、免許証コピーして忘れて帰っちゃったことあったな~

その時すごい焦っていろいろ大変だったな

きっと今頃この人も免許証忘れて焦っているかもしれない・・・

 

そう思ってすぐに

店員さんに「これコピー機にあった忘れ物です」と渡しておきました

店員さんが「そうですか、ありがとうございます」という時

忘れた人が思い出してコンビニに取りに来てくれたらいいな!と私は願い、祈っていました

 

人の役に立つこと・・

まだまだあります

じつはペットボトルを捨てる時もひと手間してあげるだけで

ひとの役に立つことがあったりします

 

私は、以前ごみの廃品回収のドライバーをしていたことがあります

きつかったけど、いい経験になりました

だって見えないものを見る力がついたからです

 

その廃品回収で働いていた時、わたしはペットボトルの回収もしていました

回収をすると、きちんとラベルをはがしてキャップを取ってくれているものと

ラベルがついたままのものでキャップもついているものもある

 

クリーンセンターに持っていくのは当然、リサイクルするので

ラベルなし、キャップなしのキレイに分別されたものだけです

 

誰かがラベルを剝がさないなら当然、私がやらないといけませんでした

 

そのラベル剥がしに1時間以上かかるときもありました

 

だから、ペットボトルを捨てる時は

ラベルを剥がすことや、キャップを別に捨てる、ただそれだけでも

誰かの役に立っているんです

 

人が嫌がる面倒なことを陰では必ず誰かがやっているんです

 

そういう見えないものを見る力をつければひとに役立つことは

世の中にたくさんあるんだっていうことがわかるのです

 

ひまわりさんは愛のある人とは

見えないものを見る力がある人とおっしゃいます

 

今日も一日一善、独りひっそり

 

誰かの役に立つ陰徳をやっていきます

 

そうすることで宇宙ステージがどんどんあがり宇宙から愛される存在になるんです

 

ひとに笑顔で接するとか、

道のごみを拾うとか

会社のトイレの掃除夫の方に

「いつもきれいにしてくださりありがとうございます」と声をかけるだけでもいいんです

 

自分も相手も気分が良くなることを心掛けていく

 

こうやって精神を高める学びを授けてくれるひまわりさんとメンターに

心から感謝しています

私の人生を変えたおすすめ商品はコチラ